手の平に水泡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 異汗性湿疹・汗疱について調べるブログでしたが、理由は分からないのですが、ほとんど治ってしまいました。自分でも何で良くなったのか分からないので現在苦しんでいる方にアドバイスできないのが残念です。
 このブログはしばらくの間放置しておきます。
 一応、現在の状況を記しておきます。
  ■[健康]異汗性湿疹(汗疱)について

  はてなリング 消費税率UPに反対のWA!  ←ご参加お待ちしております!

はてなハイク

2006-09-18身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価

[]身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 - 手の平に水泡 を含むブックマーク はてなブックマーク - 身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 - 手の平に水泡 身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価 - 手の平に水泡 のブックマークコメント

 

「いやだ!」「ノー!」と言わなければ、結局、身体がわたしたちの代わりに「ノー」と言い始めるだろう。

 心の問題が体に出てくるということでしょうか。

 抑圧された感情なら、私もずっと持っています。

 中学3年以降、人生ボタンを掛け違え、それ以降治すことはできずにひずみは拡大する一方。自分のやりたいようにできたことはない。

 これが皮膚をはじめ、人生全てに影響していると思うのですが、もはや修正不可能なところにいるような気が。

 こんなことをするために生まれてきたんじゃない、と、激怒と失意の間をさ迷っています。

 こんな本を読んでも何の解決にもならないでしょうが、状況の解釈には役に立つかもしれない。

 

 アマゾンはすごいね。類似の本が次々に出てくる。

 

ライフ・ヒーリング

ライフ・ヒーリング

  ↑コメント欄で、くろ様が教えて下さった本

 

 

 

痛みと身体の心理学 新潮選書

痛みと身体の心理学 新潮選書

  ↑「痛みは、身体の見る夢。痛む身体は私たちに何を伝えようとしているのか――。」

  異汗性湿疹アトピーは「かゆみ」。

  私は、背中や肩が乾燥して皮がめくれて痒くなります。

  太宰治の『女生徒』だったか何かの作品で、

 「私は痛いのは怖くない。痒いのが怖い。」

  と書いているのがありました。

  次回作では「かゆみ」に焦点を当てて頂きたい。

 

   ランキングにご協力お願いします

にほんブログ村 科学ブログへ

 

にほんブログ村 トラックバックテーマ 手や足に水泡ができる病気へ
手や足に水泡ができる病気

手の平に水泡!  http://healthy.g.hatena.ne.jp/

……手の平に水泡ができる症状(異汗性湿疹汗疱掌蹠膿疱症など)に悩む人達の情報交換の場です。参加者求む!

 異汗性湿疹・汗疱の情報をシェアするための日記 連載中!



 以前に書いた記事は◆◇こちらから◇◆ご覧下さい。


★研究費捻出のためのネットショップです。どうかごひいきに。

 →電脳よろづ商店 ありゃま


汗疱・異汗性湿疹のRSSリーダー
  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/