手の平に水泡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 異汗性湿疹・汗疱について調べるブログでしたが、理由は分からないのですが、ほとんど治ってしまいました。自分でも何で良くなったのか分からないので現在苦しんでいる方にアドバイスできないのが残念です。
 このブログはしばらくの間放置しておきます。
 一応、現在の状況を記しておきます。
  ■[健康]異汗性湿疹(汗疱)について

  はてなリング 消費税率UPに反対のWA!  ←ご参加お待ちしております!

はてなハイク

2007-04-21カゴメ“カラダが求める30品目”はちょっと重たい

nazegaku20070421

[]カゴメ“カラダが求める30品目”はちょっと重たい カゴメ“カラダが求める30品目”はちょっと重たい - 手の平に水泡 を含むブックマーク はてなブックマーク - カゴメ“カラダが求める30品目”はちょっと重たい - 手の平に水泡 カゴメ“カラダが求める30品目”はちょっと重たい - 手の平に水泡 のブックマークコメント

 ドラッグストアペットボトル飲料の棚に野菜ジュースなんかが色々と並んでいて、新製品のようなのがあったので手にとって見た。

 カゴメ“カラダが求める30品目”。

 この品だけ値札が付いていず、値段が分からなかったのだが、隣に置いてあった野菜ジュースが安かったので、これも同じような値段だろうと思って購入したが、何と400円前後もしていた。

 負け組ワーキングプアで下流で経済弱者の私は普通このサイズの野菜ジュースは178円以下で買うことにしている。198円でも買わない。

 400円もかかるとは驚いた。これならいつもの野菜ジュースが2本買える。値札は付けといてくれよ。

 

 こんな高級品は滅多に買えない。もう二度と買えないだろうと思うと勿体なくて飲むことができず、大事に大事にとっておいたところ、賞味期限がとっくに過ぎていたことが判明!(2007年3月18日)

 まあ口を空けなければ少々のオーバーは構わないだろうと思って飲んでみた。

 

 ちょっと重たい感じがする。何かえぐくて苦い成分が入っていて、それが目立つ。のどが渇いた時に気軽に飲めるというのではなく、気合いを入れて飲まないといけない感じ。

 

 30品目の成分を見ると、「しょうが」が入っている。これは珍しいのではないか。私もしょうがは好きだし、しょうがの味は野菜ジュースアクセントになる。

 以前妹がにんじんジュースにしょうがを入れたのを作っていたが、なかなか良かった。だからしょうがが入っているのはOKである。

 他、「大麦」「玄米」「黒豆」「そら豆」「グリーンピース」などの穀物&豆類が入っているのもよい。野菜果物+穀物&豆類ジュースというところにこのジュースの特色がある。

 

 えぐくて苦い味が目立つのはなぜかと考えると、

たまねぎ」「赤ピーマン」「セロリ」「アスパラガス」などが入っているからだろうか。「あしたば」「モロヘイヤ」もこの系統かとも思われるが、残念ながら私はどんなものか知らない。

 私は子どもの頃から「たまねぎ」と「ピーマン」が苦手だった。これらは非常にツーンとした味と匂いに特色がある野菜である。これらが野菜ジュースに入ると、その強い味が目立ってくるのではないだろうか。

 しかし何でたまねぎが入っているのだろうか。栄養があるのだろうか。

 確かに昔から「タマネギを食べると頭が良くなる」という民間の言い伝えがあるが。しかし一方でドクター中松が自分の体で人体実験したところ、タマネギは頭に悪いと結論したともいう。(単にドクター中松の体質がタマネギに合わないだけという気もするが。体質は人それぞれだから自分の体で追実験して確認することが必要。)

 味や飲みやすさにこだわるなら、タマネギや赤ピーマンなどはどうかとも思う。

 

 上で述べた、重くてえぐくて苦い成分を緩和する、飲みやすい味を作る成分として期待できるものとしては、

にんじん」「かぼちゃ」「赤じそ」「小松菜」「レモン」「プルーン」「りんご」「紫いも」などがある。これらの味が強くなって苦い成分をカバーしていればもっと飲みやすくなるだろうが、ちょっと弱い気がする。

 

カラダが求める30品目 公式サイト

  http://www.kagome.co.jp/30hinmoku/index.html

 公式サイトを見ると、私が飲んだ製品とパッケージが違う。私が大事にとっておいて賞味期限オーバーしている間にパッケージが変わったものと思われる。

 

 ↑旧パッケージ。こちらの方がスッキリしていいと思うが、黒いパッケージで覆った方が品質保持にいいと言われている。

  

 公式サイトには「ユーザーの声」が紹介されている。私が感じた印象と正反対の声もあって意外に思う。

サラッとして飲みやすい。人参ジュースに近い。ちょっと果物系で甘い。30品目入っている割には飲み口が軽い。

 私はその反対に、非常に重く感じました。

野菜生活100と較べて全然マイルド野菜生活100はレモンみたいな味がシュッとするが、これは全然来ない。

 私は野菜生活100の方がマイルドに感じます。それにカラダが求める30品目はタマネギピーマンの味が強くて非常に重い。

他の野菜ジュースは、野菜の繊維がグラスに残るが、「30品目」はサラッとしているからグラスにも残らない。それだけ飲みやすいということ。それでいてリンゴとかレモンなどほのかに果物の味がする。

 確かに繊維は残らないように思います。しかしタマネギピーマンの味が強いので飲みやすいとはいえず、私としては飲むのに気合いがいりそうです。

味が濃くておいしい。

 確かに濃い。

 

 同じものを飲んでも、飲む人によって色々と感じ方が違うものだということです。

 まあそれは当たり前で、それが分かる典型例が酒でしょう。

 私は酒が飲めないので、酒がうまいとは全然思えません。

 しかし世の中には酒が好きという人が大勢いることも確かです。

 だからまあ、野菜ジュースにも色々な感じ方があって当然。

 

 あとは、賞味期限が切れるくらいまで置いているうちにパッケージのみならず、味も変わっている可能性もある。

 それとも、賞味期限オーバーしてしまったので味が変わってしまったとか。

 そういった要因を考慮に入れて当エントリーを読んで下さい。

 サイトの説明を見ると、なかなか素晴らしいコンセプトの商品のようなので、一度飲んで確かめてみるのもいいでしょう。

 

☆→睡眠開発計画weblog 元気のひけつ 朝食のすすめ

  http://sfclub.seesaa.net/article/39388738.html

 

汗疱異汗性湿疹RSSリーダー

  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/

  ←↓ランキングにご協力お願いします!

 

 

 ↑参加しています。ポイント投票お願いします。

 

メルマガの総合学芸誌『市井のディレッタント』 

2007-04-14笑い療法士 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 笑い療法士とは、

癒し環境研究会”が認定しているもので、

 病院や福祉施設などで周囲の人を笑わせ、雰囲気を明るくする人に与えられる資格

 患者心理学や脳の解剖学など2日間の講習とトレーニングを受けて認定試験を受ける。

 資格は3年で更新制、3級から1級まである。

朝日新聞緑のbe4月8日 より)

 

癒し環境研究会

 http://www.jshe.gr.jp/

 

 こんな資格もできたのか。

 お笑い医療に生かすといえば、昔から“日本笑い学会”というところもあった。 

 

日本笑い学会

 http://www.age.ne.jp/x/warai/

元気で長生き研究所

 http://homepage2.nifty.com/smilenobori/

 

 笑いが健康にいいというのは昔から経験的に言われてきた。

 科学がそのことを証明しようとしている。

 

汗疱異汗性湿疹RSSリーダー

  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/

  ←↓ランキングにご協力お願いします!

にほんブログ村 科学ブログへ

 

 ↑参加しています。ポイント投票お願いします。

 

メルマガの総合学芸誌『市井のディレッタント』

2007-04-11宮本むなしで“美しい食生活の国”へ

nazegaku20070411

[]宮本むなしで“美しい食生活の国”へ 宮本むなしで“美しい食生活の国”へ - 手の平に水泡 を含むブックマーク はてなブックマーク - 宮本むなしで“美しい食生活の国”へ - 手の平に水泡 宮本むなしで“美しい食生活の国”へ - 手の平に水泡 のブックマークコメント

 堺東駅前の銀座通り商店街に「宮本むなし」なる食堂ができていた。

 普通では思いつかないような屋号である。

 広くて綺麗な店なのだが、どうも客の入りが少なく(同時刻、びっくりラーメンは満員)、店に入っても「いらっしゃいませ」の声がかからず、店員に元気がなく、かかっている音楽も物悲しい。数か月後にはむなしく閉店、ということにならなければいいが。

 

 帰宅してから検索してみると、地域によっては著名な定食屋チェーンのようだ。

 

宮本むなし 出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E3%82%80%E3%81%AA%E3%81%97

はてなダイアリー > キーワード > 宮本むなし

  http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DC%CB%DC%A4%E0%A4%CA%A4%B7

めしや 宮本むなし 公式サイト

  http://www.ug-munashi.jp/index_top.html

 

 本日私が頂いたのは「栄養バランス定食」\590。

 ひじき、卵焼き、青菜、本格にがり豆腐味噌汁にじゃこがかかったご飯。

 味に関しては、舌の肥えた人はどう言うか分からないが、美味い物の味を知らず粗食に慣れた私としては、こういった栄養バランスの整った昔ながらの和食はありがたい。これぞ日本の味である。

 

 この“宮本むなし 堺東駅前店”の近くには“やよい軒”があった。これは“めしや丼”が屋号を変更したもののようである。

  http://www.yayoiken.com/

  http://www.plenus.co.jp/meshiyadon/

 HPのつくりが非常に似ていて、特にメニューのページは間違いそうなほど似ている。

 同じグループなのだろうか。

 

 ともかく、こういった和風定食が食べられる庶民的な店ができるのはありがたい。

 

めし処 いも膳

 http://www.meshidokoro-imozen.com/

まいどおおきに食堂

 http://www.shokudo.jp/

 

 検索してみると、これらの店がまずいという書き込みも見られる。余程舌の肥えた方のようだ。

 では、これらの店がまずいというその舌で、アメリカ牛肉丼やハンバーガーはどう判断されるか。

 私は宮本むなしやいも膳やまいどおおきに食堂を選ぶ。

 

 

 考えてみれば、アメリカ牛肉丼やハンバーガーフライドチキンなど単品しか出さない店が大量に存在するのは日本人の食生活としては不自然なのである。

 日本人は昔から牛丼ハンバーガーばかり食べてきたわけではない。

 アメリカ牛肉丼やハンバーガーが次々に日本の食生活を侵食していき、アメリカ牛肉依存しなければならない状況というのは、アメリカ家畜化とでもいうべきものではないだろうか。

 食育だとか早寝早起き朝ごはんだとかいうのなら、まずはアメリカ牛肉丼やハンバーガーなどに依存した生活を改め、それらを食べる代わりに「栄養バランス定食」を食べることから始めるべきではないだろうか。

 それこそが日本の多様性ある“美しい農業”“美しい食生活”を守る“美しい国”ではないだろうか。

(どうやら“美しい国”とは、格差化(負け組には画一化)を進めるという、多様性とは反対の方向を目指しているようで。)

 

宮本むなし”、日本の侘び・寂びに通じるネーミングですな。

 宮本武蔵は徳川の日本統一に最後まで抵抗して戦った人である。

 アメリカジャンクフード勢力の日本支配を押し返すにふさわしいネーミングである。

 ヘルシーな和食を見直し、応援しよう!

汗疱異汗性湿疹RSSリーダー

  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/

  ←↓ランキングにご協力お願いします!

にほんブログ村 科学ブログへ

 

 ↑参加しています。ポイント投票お願いします。

 

メルマガの総合学芸誌『市井のディレッタント』

2007-04-10サプリメントは体に悪いのか

[]サプリメントは体に悪いのか サプリメントは体に悪いのか - 手の平に水泡 を含むブックマーク はてなブックマーク - サプリメントは体に悪いのか - 手の平に水泡 サプリメントは体に悪いのか - 手の平に水泡 のブックマークコメント

 現在発売中の週刊現代(4月21日号)で、驚くべき記事が掲載されていた。

 

「本当はカラダに悪い健康食品

 

 サプリメントが体に悪いという話。

 体に悪い原因は2つに大別される。

 

1 そもそも体に悪いもの

2 体に悪い成分が偶然必然的にか含まれるもの

 

 例えば2に関して、ハチが作るという某製品が挙げられる。

 環境汚染のために必然的に汚染されるということである。

 また、ある種の植物は人体にいい成分が含まれているが、人体に悪い成分も同時に含まれているということもある。

 まあこれらは悪い成分を分離すればいいことではある。

 

 問題なのは1である。体にいいと思っていたものが実際には悪いとあれば問題である。

 例えば、イチョウ葉は、腎機能障害などの副作用があるという。

 

 しかしそもそもイチョウ葉は、ドイツなどでは脳代謝を良くする薬として認められているという触れ込みだったのでは?イチョウ葉を薬として認めたドイツをも批判するということだろうか。

 

 また、骨粗鬆症の予防のためにあるサプリメントを取り過ぎると脳細胞が石灰化するおそれがあることも指摘されていた。

 

 私は酒も煙草も嫌いだが、サプリメントは大好きで色々と飲んでいる。

 そんなサプリメント大好き人間の私にとって非常に衝撃的な記事だった。

 実際、私が飲んでいるサプリも批判の対象となっていた。

 本当だろうか。もし本当ならば恐ろしいことである。私は体に悪いものを金を払って購入し、飲んでいたことになる。

 今後どうすればいいだろうか。

 

 しかしこんな週刊誌の記事を一つ読んだくらいで、今までの習慣は急には

変えられないだろうな。

  

(なお、記事ではサプリメント成分を名指しで批判していました。しかし真偽の程は定かではなく、名指しで批判されたサプリを飲んでいる方に悪いので、この記事ではサプリの名を挙げません。気になる方は週刊現代4月21日号を捜して記事を読んで下さい。) 

 

☆→週刊現代オンライン 

  http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/

汗疱異汗性湿疹RSSリーダー

  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/

  ←↓ランキングにご協力お願いします!

にほんブログ村 科学ブログへ

 

 ↑参加しています。ポイント投票お願いします。

 

メルマガの総合学芸誌『市井のディレッタント』



 以前に書いた記事は◆◇こちらから◇◆ご覧下さい。


★研究費捻出のためのネットショップです。どうかごひいきに。

 →電脳よろづ商店 ありゃま


汗疱・異汗性湿疹のRSSリーダー
  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/