手の平に水泡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 異汗性湿疹・汗疱について調べるブログでしたが、理由は分からないのですが、ほとんど治ってしまいました。自分でも何で良くなったのか分からないので現在苦しんでいる方にアドバイスできないのが残念です。
 このブログはしばらくの間放置しておきます。
 一応、現在の状況を記しておきます。
  ■[健康]異汗性湿疹(汗疱)について

  はてなリング 消費税率UPに反対のWA!  ←ご参加お待ちしております!

はてなハイク

2007-05-13汗疱の観察フォーマット

[]汗疱の観察フォーマット 汗疱の観察フォーマット - 手の平に水泡 を含むブックマーク はてなブックマーク - 汗疱の観察フォーマット - 手の平に水泡 汗疱の観察フォーマット - 手の平に水泡 のブックマークコメント

 寒くなった頃からしばらく汗疱が落ち着いたと思っていたのだが、温かくなってきた頃から少しづつ再発してきた。

 確かに汗疱は温かい時に出やすいとは言われている。

 しかし私の場合、汗疱が発生して以来、冬でもずっと出たままだった。一時的に落ち着いたのはこの冬初めてである。

 しかしまたまた出てきたのである。

 そこで、観察に便利なように汗疱の観察フォーマットというのを作成してみた。

 汗疱が出るのは指と手の平が主なので、とりあえず指と手の平だけ。

 指については解剖学で使う名称を使用。手の平については、手相学で使う用語を使ってみた。別に手相用語を使ったからといって、手相と関連付けて考える気はないので。

 まさか水泡が手相で言う“障害線”や“島”と似た作用をするわけでもないだろう。そもそも水泡ができたり破れたりすること自体が心身に重い影響を与えるので、どこの位置にできようが悪いことには違いない。

 水泡はどの位置に現れても等しく“凶”なんです、“凶”。

 では皆様、情報交換してこの厄介な水泡への対処法を探っていきましょう。

左手】【右手】

手指 

(拇指)基節  末節

(示指)基節  中節  末節

(長指)基節  中節  末節

(薬指)基節  中節  末節

(小指)基節  中節  末節

 参照 http://wiki.livedoor.jp/motoneuron/d/%BB%D8

手の平

金星丘)

(月丘)

(第一火星丘)

(第二火星丘)

火星原)

(方庭)

木星丘)

土星丘)

太陽丘)

水星丘)

 参照 http://homepage2.nifty.com/ayabe-shoko/18_kisotisiki/oka.html

病期:【小康期】【水泡形成期】【水泡破裂期】【乾燥治癒期

 基本はこんなものです。各々使いやすいように作り直して汗疱観察に役立ててみて下さい。

汗疱異汗性湿疹RSSリーダー

  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/

  ←↓ランキングにご協力お願いします!

  

 

 ↑参加しています。ポイント投票お願いします。

 

メルマガの総合学芸誌『市井のディレッタント』

[]現在の状況 現在の状況 - 手の平に水泡 を含むブックマーク はてなブックマーク - 現在の状況 - 手の平に水泡 現在の状況 - 手の平に水泡 のブックマークコメント

 新しく作成した“汗疱観察フォーマット”を使って、現在の状況を記録してみる。

左手

手の平

(月丘)

水泡破裂期】が終わり、【乾燥治癒期】に入った。

 参照 http://homepage2.nifty.com/ayabe-shoko/18_kisotisiki/oka.html

【右手】

手指 

(拇指)

基節【乾燥治癒期】と【水泡形成期】との混在。

末節【乾燥治癒期

(示指)末節【乾燥治癒期

(長指)末節【乾燥治癒期

 参照 http://wiki.livedoor.jp/motoneuron/d/%BB%D8

手の平

金星丘)【乾燥治癒期

(第二火星丘)【乾燥治癒期

太陽丘)【乾燥治癒期】と【水泡形成期】との混在。

水星丘)【乾燥治癒期】と【水泡形成期】との混在。

 参照 http://homepage2.nifty.com/ayabe-shoko/18_kisotisiki/oka.html

 とりあえず、心身ともに一番しんどい【水泡破裂期】を乗り越えたので助かった。

 実は安定していたこの冬も、左手の月丘には少しづつ水泡が出ては消えしてはいたのだが、大事には至らなかった。温かくなってから無視できない状況になってしまった。

 今回の水泡は、正常な肌から発生した第一世代とでもいうべきものであるからして、水疱破裂期も規模は大きくなかった。しかし今後、水泡破裂後の弱い肌から発生する第二世代以降の水泡になるにつれ、規模が大きくなっていくのではと恐れる。

 

 対処法としては、飲み薬としてはルミンA

 塗り薬としては、水泡形成期や水泡破裂期にはテオドランホワイトL(タクトホワイト)、乾燥治癒期には佐藤製薬のポリマッククリームを塗っている。

 乾燥期と湿潤期とでは塗る薬が違うというのは、妥当な選択だと思う。

 しかしこれらの薬が効いているのかどうかは良く分からない。

 今後も経過観察していこうと思う。

汗疱異汗性湿疹RSSリーダー

  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/

  ←↓ランキングにご協力お願いします!

  

 

 ↑参加しています。ポイント投票お願いします。

 

メルマガの総合学芸誌『市井のディレッタント』



 以前に書いた記事は◆◇こちらから◇◆ご覧下さい。


★研究費捻出のためのネットショップです。どうかごひいきに。

 →電脳よろづ商店 ありゃま


汗疱・異汗性湿疹のRSSリーダー
  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/