手の平に水泡 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 異汗性湿疹・汗疱について調べるブログでしたが、理由は分からないのですが、ほとんど治ってしまいました。自分でも何で良くなったのか分からないので現在苦しんでいる方にアドバイスできないのが残念です。
 このブログはしばらくの間放置しておきます。
 一応、現在の状況を記しておきます。
  ■[健康]異汗性湿疹(汗疱)について

  はてなリング 消費税率UPに反対のWA!  ←ご参加お待ちしております!

はてなハイク

2007-05-13汗疱の観察フォーマット

[]現在の状況 現在の状況 - 手の平に水泡 を含むブックマーク はてなブックマーク - 現在の状況 - 手の平に水泡 現在の状況 - 手の平に水泡 のブックマークコメント

 新しく作成した“汗疱観察フォーマット”を使って、現在の状況を記録してみる。

左手

手の平

(月丘)

水泡破裂期】が終わり、【乾燥治癒期】に入った。

 参照 http://homepage2.nifty.com/ayabe-shoko/18_kisotisiki/oka.html

【右手】

手指 

(拇指)

基節【乾燥治癒期】と【水泡形成期】との混在。

末節【乾燥治癒期

(示指)末節【乾燥治癒期

(長指)末節【乾燥治癒期

 参照 http://wiki.livedoor.jp/motoneuron/d/%BB%D8

手の平

金星丘)【乾燥治癒期

(第二火星丘)【乾燥治癒期

太陽丘)【乾燥治癒期】と【水泡形成期】との混在。

水星丘)【乾燥治癒期】と【水泡形成期】との混在。

 参照 http://homepage2.nifty.com/ayabe-shoko/18_kisotisiki/oka.html

 とりあえず、心身ともに一番しんどい【水泡破裂期】を乗り越えたので助かった。

 実は安定していたこの冬も、左手の月丘には少しづつ水泡が出ては消えしてはいたのだが、大事には至らなかった。温かくなってから無視できない状況になってしまった。

 今回の水泡は、正常な肌から発生した第一世代とでもいうべきものであるからして、水疱破裂期も規模は大きくなかった。しかし今後、水泡破裂後の弱い肌から発生する第二世代以降の水泡になるにつれ、規模が大きくなっていくのではと恐れる。

 

 対処法としては、飲み薬としてはルミンA

 塗り薬としては、水泡形成期や水泡破裂期にはテオドランホワイトL(タクトホワイト)、乾燥治癒期には佐藤製薬のポリマッククリームを塗っている。

 乾燥期と湿潤期とでは塗る薬が違うというのは、妥当な選択だと思う。

 しかしこれらの薬が効いているのかどうかは良く分からない。

 今後も経過観察していこうと思う。

汗疱異汗性湿疹RSSリーダー

  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/

  ←↓ランキングにご協力お願いします!

  

 

 ↑参加しています。ポイント投票お願いします。

 

メルマガの総合学芸誌『市井のディレッタント』

2006-12-13ノロウイルスの胃腸症状

[]ノロウイルス胃腸症状 ノロウイルスの胃腸症状 - 手の平に水泡 を含むブックマーク はてなブックマーク - ノロウイルスの胃腸症状 - 手の平に水泡 ノロウイルスの胃腸症状 - 手の平に水泡 のブックマークコメント

 昨日、ノロウイルス風邪にかかったことを書きました。

 

■ [記録]ノロウイルスにご用心

  http://healthy.g.hatena.ne.jp/nazegaku/20061212

 

 入院して短期に治ったように書きましたが、まだ胃腸の症状だけは本調子ではありません。他のところは治ったのですが、胃腸症状だけは長引くようです。

 普通のようには食べられないので、ダイエットにはいいでしょう。

 わざわざ寄生虫の卵を飲んで体内で“飼って”花粉症対策にする方もおられるくらいだから、ノロウイルスダイエットである。

 とはいえ、ウイルス寄生虫とは違って感染しているうちに突然変異を起こすので簡単に飼うわけにはいきません。遺伝子組み換え食品が恐れられているのもその辺りに原因があるのでしょう。

 まあ少しづつ体力をつけて回復を待つしかありません。

 

 よく、風邪を引いたかなと思った時、熱いうどんでも食べて体を温めて風邪薬を飲んで一晩よく寝ればすぐに治る、と言われています。そんな効能をうたった薬もあるくらいです。

 

うどんや風一夜薬本舗

  http://www.kazeichiyakusuri.co.jp/

 

 しかしこのノロウイルス風邪胃腸に来て食欲が全く無くなり食べることができないので、この方法が使えません。

 吐くのは気持ち悪いし、そういう意味では普通風邪より厄介です。

 私などは食後に飲む薬を3日分もらいましたがその夜は食べることができず、ほとんど薬を無駄にしてしまいました。まあウイルス風邪は薬より自己免疫力が頼りです。

 少し胃がむかむかする、と思えば要注意。早目に家に帰って嘔吐できる状況に身を置くことが必要です。

汗疱異汗性湿疹RSSリーダー

  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/

   ランキングにご協力お願いします

にほんブログ村 科学ブログへ

2006-12-12ノロウイルスにご用心

[]ノロウイルスにご用心 ノロウイルスにご用心 - 手の平に水泡 を含むブックマーク はてなブックマーク - ノロウイルスにご用心 - 手の平に水泡 ノロウイルスにご用心 - 手の平に水泡 のブックマークコメント

 ノロウイルス風邪にかかってしまいました。

 ノロウイルスについてははてなキーワードに詳しい。

  http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CE%A5%ED%A5%A6%A5%A4%A5%EB%A5%B9

 潜伏期間24時間~48時間程度、発症すると下痢(激しい水様便)、嘔吐、発熱などの症状を呈する。

 私の場合先に嘔吐が来ました。激しい噴出で、ユニットバスバスタブ一杯にぶちまけるといった感じです。

 下痢(激しい水様便)もその通りです。

 

 原因は何かは分かりません。

 12月10日日曜日の夜に一気に発症しました。

潜伏期間24時間~48時間程度」ということですが、金曜・土曜・日曜とも普通で、特にこれといった原因は考えられない。

 日曜の夜、コンビニ弁当を食べてからちょっと胸がむかむかするな、という予兆がありました。

 その嫌な気分はそれから少しづつ増えていきました。

 胃腸違和感はひどくなり、何度かトイレに行き、その時はまだ固形便が出ています。

 何とかこのまま治まってくれ、と思っていたのですがむかむかがひどくなり、嘔吐と下痢が始まりました。

 嘔吐が1度起こればすっきりした気分になるのですが、寝てしばらくするとまたむかむかし、再び吐く。これが3度位繰り返されました。

 致命的な病原ではなく、通常は3日以内で回復するが、体力の弱い幼児や老人は死亡する場合もあるので注意。特に発症初日は症状が酷い。

「特に発症初日は症状が酷い」

 本当にそうです。今回でいえば、日曜の夜に当たります。

 次の日・月曜日仕事に出たのですが、やはり胃腸の症状はひどく、いわゆる「感染胃腸炎」の症状。

 腹部レントゲンを撮ると、腸の動きが滞っている状態、すなわちイレウスという状態です。

 周囲のすすめがあり、月曜午後から入院することに。

 まさか風邪ごときで入院なんて大げさなことをと思ったのですが、早く治すには良い方法でした。

 月曜に入院してから熱は上がり始め、月曜夜には38度を超えました。これは自己免疫力による発熱で、風邪ウイルスを倒すための発熱だと思っております。

 翌朝起きれば回復し、仕事にも復帰できました。

 

 実は昨年も同じような胃腸に来る風邪にかかりました。昨年はノロウイルスという名前も広まっていませんでしたが、症状が同じことから、これもノロウイルス風邪だと思います。

 昨年も夜に嘔吐と下痢があり、次の日から普通仕事にでて普通の生活をしていたのですが、1週間ほど感染胃腸炎の症状が続きました。測っていないので分からないのですが、多分熱も出ていたと思います。

 昨年のように1週間も不調が続くことを考えれば、入院してサッと治すのもよいかとは思います。

 もっとも、宮仕えせずに悠々自適の生活できる身分であれば、どこかの温泉にでも行って湯治しながらゆっくりと治すのが一番でしょうが。

嘔吐物・便から二次感染を起こす。特に飛沫が空中散布されることで集団感染に至るケースが多く注意を要す。

 学校や家庭での感染もありえます。TVで言っていましたが、子どもが床に吐いて、そこから家族感染した、ということもあるようです。

「飛沫が空中散布されること」もあるということなので、感染者はマスク着用をするべきです。

 

 そういえば私は幼稚園から小学1,2年の頃、体が弱くてよく風邪を引いて、風邪を引けば吐いたものです。あの頃もノロウイルス風邪にかかっていたのだろうか。

 

 一度食べたものが口から出てくるというのは自然に反することで、非常に気持ちが悪く、また、みっともないことです。このようなことにならないように、普段から食べ過ぎずに腹八分目を心がけるべきです。

 

 また、吐いた物が排水溝の中で詰まってユニットバスに水があふれてくるという事態が発生し、苦しい中排水溝の中に手を突っ込んでゴミを取る羽目に陥りました。

 普段から排水溝の掃除はきっちりとしておくべきです。

汗疱異汗性湿疹RSSリーダー

  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/

   ランキングにご協力お願いします

にほんブログ村 科学ブログへ



 以前に書いた記事は◆◇こちらから◇◆ご覧下さい。


★研究費捻出のためのネットショップです。どうかごひいきに。

 →電脳よろづ商店 ありゃま


汗疱・異汗性湿疹のRSSリーダー
  http://r.hatena.ne.jp/nazegaku/